ウェブマーケティング

優れたキャッチコピーとは?25文字に隠されたヒミツ

投稿日:

キャッチコピーや記事タイトルに漢字を多用すると小難しい印象になってしまい、伝えたい事がなかなか伝えきれなくなってしまいます。

今回は意外とそういった所まで考えていない人が多かったので、頭にスッと入ってくるキャッチコピーについて私なりの考えを書こうと思います。

わかりやすいキャッチコピーとは

私の経験上、漢字25%以下、カタカナ35%以下に抑えつつ数字を入れるとスッと入ってくる文章になります。

例えば下の本記事のタイトルですが、文字数は25文字です。

「優れたキャッチコピーとは?25文字に隠されたヒミツ」

漢字が4文字なので16%。カタカナは8文字なので32%です。

わかりにくいと思いますのでもう一つの例を上げて並べてみます。

例1)
「優れたキャッチコピーとは?25文字に隠されたヒミツ」

例2)
「成果が出る文章とは?25文字に隠された秘密を探る」

ちょっと極端に書いてみましたが、どちらがスッと頭に入って来ますか?

後者の漢字は46%。何だか難しそうに感じてしまいますよね。

もちろん伝える相手や内容によっては気を配るべきところじゃないかもしれませんが、

ユーザーは見て認識している

ほんのわずかな違いかもしれませんが、普段から多くの情報に溢れている中から自分たちの広告に興味を持ってもらうためには

タイトルやキャッチコピーのそういったわずかなところにも気を配る事はすごく重要です。

もちろん何をを訴えるかも大切ですが、より分かりやすく伝えるためには、漢字を多用しすぎずに、ひらながメインとカタカナメインでかつ数字を入れたキャッチコピーにする事で、より伝わりやすくなります。

ぜひ試してみてください。

-ウェブマーケティング

Copyright© ビズログ【Web集客の教科書】 , 2020 All Rights Reserved.