生活

決済アプリPeyPeyをダウンロードロードして500円ゲット

投稿日:2018年12月8日 更新日:

ソフトバンクとYahoo!の合弁会社「PeyPey」が始めたスマホ決済のサービス「PeyPey」が本気で市場を取りに来ましたね。

今ならダウンロードするともれなく500円がもらえるうえ、100億円のばらまきキャンペーンが始まりました。

日本はキャッシュレス後進国。今後は東京オリンピックまでにキャッシュレスが進むはずなので、その地位を奪いに各社本気でマーケティングを仕掛けて来ています。

本気のPayPayで支払ったら20%バックキャンペーン。その本気度が伺えますね。

スポンサーリンク

決済アプリPeyPeyをダウンロードロードすると

今ダウンロードして登録すると500円貰いちゃいます。

今ならさらに!

ですって!

今回のキャンペーンは100億円に到達したら終了なので、何か買う予定がある方は今からチャンスです。

使えるお店は今後増えて行くと思われますが、今の所は電化系はこんな感じです。

飲食系はこんな感じ。まだまだですがヤフーが本気なのでこれからが楽しみですね。

今後の加盟予定企業は

まだまだ、加盟店は増えて行くはずですね。とりあえずぼくもアプリをダウンロードして早速500円ゲット。

この先バーコード決済などのキャッシュレスは間違いなく普及するはずなので、ひと足先に活用法を見出しておきたい所です。

下記からダウンロードして、電話番号とパスワードを登録したら速攻で500円ゲットできます。(広告ではありません)

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

PayPayの活用と未来

とりあえず日本はキャッシュレスが遅れていまね。韓国での普及率は80%超え、中国は60%、アメリカ50%くらいらしいです。

日本は超遅れていて普及率はなんと20%に満たない程度なんだとか。

「キャッシュレスってなんだか怖?」「子供が勝手に使わないか心配!」とか言う人もいるようですが、そんなことを言っている場合ではありませんね。

速攻でチャージしできるし。スマホで残金が分かるし、何に使ったかも全てわかる。

現金より優秀なPayPayです。

 

使用履歴がわかる

子供にお小遣いをあげて、何に使ったか把握出来ていますか?

高校生にもなれば何に使おうが、ある程度任せても良いと思いますが、小学生や中学生くらいまでは何に使っているかとか、親が管理する必要もあると思うんですよね。

現金で渡したら何に使ったかわからないけど、決済アプリに送金して、それを使うようにしたら全て何に使ったかわかりますからね。

管理が容易です。

使えるお店もマップで一発で出てきます。

これからもっと増えて行くでしょう。

子供のお小遣いを決済アプリでチャージ

決済アプリなら遠隔で子供のスマホに送金する事が出来ます。

親に仕送したり、おじいちゃん、おばあちゃんからお小遣いを送金してもらったりと。

便利なので、今後はそうなって行くはずです。

電話番号を入力すれば遠隔で相手に送金出来ちゃうんですよ。

対面なら相手のバーコードを読み取って送金出来ます。

もちろん自分のバーコードを読み込んでもらって送金や支払いも出来ます。

個人間送金が普及する

個人間送金は贈与にあたるらしいのですが、今後は個人間送金が普及しますね。

会わなくても銀行に振り込まなくてもスマホで簡単にお金の受け渡しが可能になります。

なので、子供に使わせる場合は、その辺の注意は必要ですね。

投げ銭、遠隔恐喝なども考えられますから…。

ただキャッシュカードや銀行口座を登録しなければ、送金されてきた分しか使う事は出来ないはずなので、ある程度管理すれば問題は無いかと。

子供にもどんどん使わせようと思う派です

「子供にはまだ早いとか」「何たか怖い」とか思うよりこんな素晴らしいモノはどんどん使って活用方法を見出してもらいたいと思う派です。

結局はキャッシュレス化になるんだから早い方が良いですしね。

-生活

Copyright© ビズログ【Web集客の教科書】 , 2020 All Rights Reserved.